カテゴリー別アーカイブ: tadatada

釜戸ごはん

 

ダイニングの片隅に 

陶芸家 内田鋼一の釜戸が ドーンと居座る

 

海辺に打ち寄せる木々をひろって 火をおこし

白米がほどよく おこげになって 炊き上がる

 

ふぐと 小魚と野菜のテンプラ

瀬戸内海の冬をしつらえて・・・

 

 

宿の窓

 

 

 

 

御客様は、宿からの景観を見ただけで

“ワァー”と云うため息だけなんです

 

そろそろ水平線に夕日が落ちる時期です

月も星も一年を通して一番の時期なんです

 

回天で散っていった若者たちも

全て切ない物語なんです

 

 

小屋場 只只の夏

 

大津島は新幹線を降りて約30分

人間魚雷「回天」の悲しい歴史をもつ周囲8kmの小島

砂浜と6ヶ所の名所あり

宿から180度の海と空と風

夕やけと月と星と瀬戸内海

すべてから逃れて...

 

 

 

 

ミニ・モーク

小屋場 只只 オープン時

人間魚雷「回天」と島のイメージに...と

探しあてたのがこの車。

 

不便と故障の連続ながら

今もお客様に主張し続けている。

 

ミニ・モーク(1994年 イギリス製)

只只の冬

小屋場 只只の冬がやってきた。

 

水平線のど真中に落ちる夕陽

リビングのマキの暖炉

はえ縄漁発祥の地のふぐ料理

 

一日一組はさらに絞り込んで4名様までとした

 

この宿を創って12年

宿の御客様の日記帳を拝見する度に

つくづく満足感を越えた何かを感じる

 

yuuhi

御影石の石門と露天風呂

大津島の主産業は500年前から

御影石の採取であったと聞く

宿もその石を使って

エントランスには石門・・・

石門

母屋の上段には露天風呂・・・

五右衛門風呂

夕日、満点の星、月を体一杯に感じながら

ノスタルジックなひとときを・・・

只只の冬

瀬戸内の冬は

吹き荒れる日本海とは異とする

深々と漆黒の海と化す

只只の冬は

瀬戸内のふぐと

ディナーの後のリビングでパチパチとはじく薪の

かすかな音であろう

ただそれだけで 深い眠りへ...

 

fireplace

只只の秋



お客様から

“ここからの景色で一番の季節は...?”

私は10年間いつも

11月か、12月です

と答える

夕日が水平線のど真ん中に沈み

澄みきった夜空に満天の星が輝く

月光は海面に落ちムーンリバーとなる

日本の景色の中で

忘れた日々を思い出す

 

只只の秋

オープンデッキのリニューアル

01


海と空を身体いっぱいに感じ取れるよう

オープンデッキを一段と海へせり出し

 また、内風呂から木のデッキを消して、代わりに水を満たし

島の海岸の丸石を無造作に散りばめた。

10年経った今、少しだけの一歩…。


02